【ヨーロッパ留学ブログ】〜真面目な話から趣味の話まで〜


今回は前回に引き続き6/2に行われたビジネスセミナーについて書いていこうと思う。

月一で行われるこのセミナー。
教えてくださるのは株式会社One Colors代表取締役社長の堂前晋平(Twitter: @doumaePeersLove)さんだ。

自己紹介の話の後堂前さんは、普段我々が何気なく使っている「プロ」、「チーム」、「リーダー」の意味を教えてくださった。

そんなの言われるまでもないだろうという人がいるかもしれないが、言葉のとらえ方というのは人それぞれで、そういった認識のずれがゆくゆく大きな問題につながる可能性もあるため、何か新しい物事を始めるときは定義が分かれそうなものに関しては共通認識にするのが学内外問わず大事であると私は考える。

ーーーーーーーーーーーーーーー

ではまず「プロ」という言葉について。
堂前さんの話を聞く前、私はプロとは自分のやっていることに責任を持つ人のことだと考えていた。

しかし、堂前さんの定義ではプロは「期限内に所定の成果を出す人」のことだとおっしゃっていた。
ここで勘違いしてほしくないのは、この期限も成果も決めるのは自分ではないということである。
つまり曖昧な部分を補って再定義すると、プロとは「相手が定めた期限内に相手が定めた所定の成果出す」ということである。
もちろんこれがゴールではなく、スタートラインである。 

そう考えると学生がきちんと期限内に決められた範囲の課題を提出するというのは一種のプロ行為であり、親から今日の夜までに部屋を片付けなさいと言われてきちんと従うのもある意味プロ行為なのである。

そう考えると我々の周りにはプロになるための訓練が幼少期からたくさんあるのではないだろうか。
今からでも遅くない。
まずはできる範囲からプロ行動をとることをおすすめする。

ーーーーーーーーーーーーーーー

次に「チーム」という言葉について。
チームと聞くとみんなで協力して何かを成し遂げるというイメージが強いと思う。
ただ全員がその認識を共有しているだろうか?

「このグループで1番になるだけじゃなく私は絶対このグループ内でも1番になってやる!」

という人が少なからずいるのではないだろうか。
堂前さんはチームとしてうまくいくには利己的な考えを捨て、利他的になるべきだとおっしゃっていた(実はこの後話すリーダーについても同じようなことが言えるが少し異なるところがある)。

私はこの利他的な行動をとるという考えに大いに賛同する。
というのも相手に何かしてほしいことがあるときは自分から動くべきだというのを常々思っていたからである。
すなわちチームとしてうまくいきたいのなら、まずは自分の要望を強く出しすぎず、他のメンバーの望むことを積極的に行うことが得策なのではないだろうか。

また世界的ベストセラーであるロバート・キヨサキ氏が書かれた「金持ち父さん貧乏父さん」にも「何か欲しいものがあるときはまず相手にそのものと同等のものをあげなさい。」と同様の記述があるので、ますますこれは実践すべきことではなかろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーー

最後に「リーダー」について。
堂前さんはリーダーもチームと変わらずまず利他的であれとおっしゃっていたが、そこに追加で「人の人生を背負う覚悟をもつ」ともおっしゃっていた。

人の人生を背負う覚悟を持っているリーダーは世の中にどのくらいいるのだろうか。
個人的にではあるがそこまで多くないように思う。

人間ピンチになると保身が最優先になってしまう。
これは当たり前のことであり今の自分がそういった立場に置かれれば、自分のことをまず第1にに考えてしまうと思う。
しかし、ピンチの場面で自分についてきてくれた人のことをまず思いやる。
このようなことができる人々こそ真の「リーダー」なのではないだろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーー

今回は少し長くなってしまった。
次回はどうしたら人を変えられるのかということについて少し話したいと思う。

ではまた。





Twitter: @mak_ire28


Instagram: @mak_ire


今回は6/2に行われたビジネスセミナーについて書いていこうと思う。

月一で行われるこのセミナー。
教えてくださるのは株式会社One Colors代表取締役社長の堂前晋平(Twitter: @doumaePeersLove)さんだ。

まず堂前さんは、普段我々が何気なく行っている「自己紹介」の重要性を説いてくださった。



やり手のビジネスマンや経営者と話す際に1回目から長い時間をとってもらうことはできない。
かといって短い時間で名前や年齢、出身を名乗っても他社との差別化ができず印象に残りにくい。
となると自社の魅力やサービスを相手に伝えるのが印象にも残りやすく得策ではないのか。


だがそれはあくまで契約をする直前の段階の話ではないだろうか。
相手の興味をひくにはまず自分自身に興味を持ってもらうことも効果的だと堂前さんはおっしゃっていた。



そこで重要となってくるのが「自己開示」である。



この言葉になじみがある人の方が少ないのではないだろうか。
具体的なやり方としては、自己紹介の時に自分のここまでのストーリーを話すのである。
一見簡単に見えるかもしれないが相手に興味を持ってもらえるかを中心に考えるとなかなか作るのが難しい。

なおこのストーリーというのは、一見悲劇のように見えるが、最終的には喜劇となるようなものであればあるほど良い。
周りを見てもそうだろう。
ビリギャル、ホームレス中学生など、人間はゼロだったりマイナスからいかに立ち上がってきたかという話に強く惹かれるのである。

 

堂前さんは「ある出来事を悲劇のままにするのか喜劇のままにするのか、決めるのは自分である」とおっしゃっていた。
確かに私も当時は悲劇だと思ったことがいくつかある。
だがそういった出来事なしに今の自分があるかと尋ねられれば、答えはノーである。
そういったマイナスの経験が人を大きく成長させていくのではないだろうか。



またそういった踏み込んだ話をされると人間は無意識のうちにその人を「信用できる人」のカテゴリーに入れがちである。
あくまでも主観的なものにはなるが、そのような経験をしている人で悪い人はいないというのをどこかで無意識のうちに刷り込まれてしまっているのかもしれない。



全部で2時間半のセミナーだったためまだまだ書くことはあるが、長すぎても集中が続きにくいので今回はこれで。
次回は我々がよく使う「プロ」、「チーム」、「リーダー」という言葉について堂前さんのセミナーを踏まえて書いていこうと思う。


ではまた。







Twitter: @mak_ire28


Instagram: @mak_ire


こんにちは。

今日は私が今通うアイルランドにある大学の成績のつけ方についてお話しようと思う。



初めに、他の海外大学がどうかわからないが、私の大学は日本と違い自分で履修を組むことができない。
渡愛前、私は大学生=自分である程度自由に履修が組めて、いろんなことが学べると思っていた。

しかし、いざ学校へ行くと、私の学部はすべてが必修で1つも落とせない。
選択できるのはサブ科目の社会政策、法、ロシア語、外国語もう1つ(思い出せない)などの中から1つだけであった。
(法は現地の学生ですら選ばないくらい難しい&初学者が選べる言語科目はまず選ぶ人が少ないので必然的に社会政策を取ることに、、、) 

また時間割も学校が決めたものに従わなければならない。
私はまだましな方で、月曜から金曜まで1日3-4コマ(1コマ/60分)だったが、私と同じ学部の友達は月曜日から6コマと地獄のような時間割であった。



そんなこんなで学校生活にも慣れてきたころ、前期の中間試験が行われることになった。
そこでの説明はこうだ。

正解なら1点
無回答なら0点
間違ってたら-1/3点

というものである。
これは完全に日本にないシステムではないだろうか。
4択問題だったため、あてずっぽうでの回答をさせないための措置だったのである。

ちなみに科目にもよるが、優しい先生だとこのシステムだとしても最低点は0点にしてくれるが、優しくない(語弊があるが対として)先生の場合は、容赦なくマイナスにまで点数が食い込むのである。

マイナスに食い込んだ場合、最終的にその学期の他の課題からマイナス分が引かれるため、落単する可能性が極めて高くなるのだ。



最初このシステムに驚いたが、まじめにやってきた人が報われるシステムだと思う。
日本の教育現場にも導入してほしいと思うが、あの古く凝り固まった学校システムに縛られている限り上層部に一蹴されそうである。
どこかの改革をいとわない学校が導入してくれることを切に願っている。
(あくまでも一個人の意見と感想ですので悪しからず。)

ではまた。




Twitter: @mak_ire28


Instagram: @mak_ire



このページのトップヘ